2018.10.21

引っ越しの準備をし始めた。家はもうほとんど決まっている。今度は駅にほど近いデザイナーズのアパートにした。

長野の田舎から上京してくるとき、東京を見下ろして過ごしたいと思って、今の部屋にした。毎晩丸の内のビル群の光をベッドから眺めて眠る。そういう生活に憧れて、実際やってみたけど、予想していたほど生活に潤いを与えることはなかった。こういう夜景はそれを眺めながら飲む赤ワインと、お喋りに付き合ってくれる恋人なり友達なりが、ムードを壊さず付き合ってくれて初めて成り立つのだと知った。

こんどの部屋は階は低いが部屋の隅々までデザイナーのこだわりが詰まっているように見えた。そういう部屋で、己の生活にもこだわりを持ち丁寧に暮らしてみることのほうが、窓から見えるきれいな景色よりも独身男性の心を癒やすのではないか。あるいはたぶん、東京に骨を埋める覚悟が決まったのかもしれない。得体の知らない都会が怖くて馴染みたくなくて見下ろすように暮らしていたけど、背の低い建物で暮らして街に紛れるというのに抵抗が無くなったのかも。

2018.10.12

大学にリクルーターで来た。新幹線の中で人事と色々喋った。楽しかった。なんでうちの大学にわざわざ?というのを聞いたら、働きの良い地方大学出身の若手として僕の名前が出たということだった。嬉しい。来週飲みに行くことになった。わーい。

プレゼン資料は作り込んできたけど、学生が理解してくれるといいなあ。

2018.10.04

2年目も半分終わった。この半年は真剣にお仕事していたなあ。去年一年間で失ってしまったものをなんとなく取り戻したような気がする。上司がうまくメンタリングしてくれたなあという感覚もある。総じてたいへん良かったと上司からも言われたけど自分でも思う。次の半年はどうしようかな。ものを作り切ることがメインになるだろうけど、少し余裕がありそうだから、技術にこだわれるといいなあ。何に注力したいのかはもうちょっと考えようかな。

いくつか候補を考えておくか。

バックエンドのインフラはもっと詳しくなりたいなあ。負荷的にもちゃんとスケールするんだっけとかボトルネックどこになるんだっけとかは結構気になっているが把握していないところがある。マイクロサービスにしたことによる弊害とかを議論できるようになるといいなあ。

フロントはReactやってるけど、これもエアプだからなあ。もっとちゃんと勉強しないといけないよね、という気持ちはある…。

iOSは全く触ってないからやってみたいけど…。

なにかひとつこれは任せろ!がやっぱ欲しいよなあ。フロントはできるようになりそうという感覚があるな。すごい感覚的なところを察するのが上手いらしいということに気づいたから、UI/UXは実は得意なのかもなーとか思った。もうちょっと勉強してもいいかなあ。

2018.09.28

インターンのメンターをしたので、自分がインターン生だったときメンターをしてた人と話をしたら深い話が出来るんじゃないかと思って飲みに行ったが、別に深い話にはならず「普通にデキる側のやつだった」といつも通りの返答だった。まあでも、実際の学生見たら分かったけど、インターンで見た子たちより、おれの方が当時既に技術的な知識もあったし文化にも慣れてたなということを実感した。

 

それで、学生の時アルバイトで音楽配信のサービスのことを強く思い出した。2年もかけても作っていたのにちゃんと作れなかった、と当時は思ったけど思い返すとかなり凄い事をしていた。まずVPSが2台与えられて1台を開発用、もう1台を本番用にしていた。クラウドは使わせてもらえなかった。なのにVPSの上にマイクロサービスで作っていて、それらをつなげるためのメッセージキューイングの仕組みも入れていて、マイクロサービスが強調して動くところまで作った。ユニットテスト結合テストも書いてあった。学生でここまでやってた人はあんまりいなそうだ。

 

しかしこのサービスら結局10人程度にしか使ってもらえなくて、運用の知見はたまらなかった。今の仕事で運用までこぎつけられるといいな。頑張ろう。

2018.09.27

インターン生のメンター業が終了した。昨日最終日の報告会をやって終わった。良い経験だった。メンタリングの本とか読んで勉強しても良かったんだけど、「やってやれないことはない。やらずに出来たら超ラッキー!やるとなったらやるしかない!ない!ない!!」の精神だった。で、今回は超ラッキーだった。勉強とかしなくても普通にメンタリングできてたっぽい。周りからの評価もそんな感じだった。とりあえずはいい感じだったかな。新卒の子が自分に付いたときはもうちょっと勉強しよう。

上期の任務の振り返りを上司とした。普通に働いていたつもりだったけど、「成果物として提出したドキュメントの質が高いし、目的に沿った行動の質も高い」みたいに偉い高く買われてしまって「ヒエッ」となった。「何か努力したことある?」とか言われたけど「いや…これが僕の普通っす…」。普通に働いていただけで評価よかったのはラッキーだった。

2018.09.24

湯河原に二泊三日で行ってきた。同僚に、どっかの会社の社長の息子が居て、なんでも、「会員制の高級ホテルに泊まろう」と誘われた。会社のイベントで泊まったホテルも良かったが、今回はちょっとケタが違った。酒を飲んで寝て飯を食って寝て風呂に入って寝た。湯河原は前に一度行ったが飯が美味いイメージはあまり無かった。今回はタクシーの運ちゃんがやたらグルメで、美味いところをいくつか教えてくれたからそこに行ったら最高だった。3日で焼き肉を2回食った。

先週もめちゃめちゃ辛かったけど、大金をマナにした回復魔法で復活してしまった。世の中の金持ちが贅を尽くした遊びをする理由が少しだけ分かってしまった。豪遊したくて金を稼いでるわけじゃなくて、何かを成し遂げたくて頑張っていたら辛くなって豪遊するのだ。おれは長野の田舎でたまに飲みに行ければ丁度良かったのになあ。